ホーム   ラサ発チベットツアー    成都発チベットツアー    西寧発チベットツアー   蘭州発チベットツアー    九寨溝四川省ツアー  
ナムツォ(納木錯)観光案内
   

ナムツォ(納木錯)はチベット語で空の上の湖、つまり天湖という意味を表します。ナムツォはラサの北方面にある当雄縣に位置し、ラサから240㎞離れています。ナムツォ湖とマーナサローワル湖とヤムドク湖とはチベットの三大聖湖と称されています。湖の西南岸にある延々とした雪山は念青唐古拉 (ニェンチェンタンラ)山脈です。いい日和の時、高くそびえ立っている雪山の影は湖に逆さに映り、安らかで穏やかな気がします。納木措は世界でも標高の高い塩水湖です。太陽の光に照らされたナムニの湖面は青く、チベット仏教で有名な巡礼の地です。湖の中には三つの大きな島があり、生息する鳥が多く、鳥島と呼ばれています。様々な植物がびっしりと生い茂り、たくさんの温泉もあり、探険や登山などの理想的な療養と景勝の地です。

ナムツォは世界で海抜が一番高い塩湖です。海抜が4,718m、東西の長さが70㎞、南北の長さが30㎞、面積が1,920㎡、チベットで面積が一番大きい湖です。巡礼者にとって、ナムツォは聖地のようなものなのです。ナムツォは天湖、霊湖、神湖の意味を表します。湖にある五つの島は広い一面の青い湖の中に直立します。仏教信者の話によると、この五つの島は五方仏の化身だそうです。ナムツォを巡礼する人々は必ず敬けんで誠意を込めて拝みます。

観光ベストシーズン
毎年6-9月は雨季で、ナムツォへ旅行するベストシーズンです。10-11月は大雪で山道が閉ざされるので、ナムツォへ入ることは不可能です。11-5月は寒く気候が乾燥しているので、チベット高原に入らないほうがいいでしょう。