ホーム   ラサ発チベットツアー    成都発チベットツアー    西寧発チベットツアー   蘭州発チベットツアー    九寨溝四川省ツアー  
阿里旅行観光ガイド
   

阿里(アリ)見所案内
阿里阿里地区の行政上の中心で、海抜4280メートルの西チベット第一の都市である。阿里(ガリ)地区はチベット人の省級の民族区域自治単位である西蔵自治区を構成する地区(サクル)のひとつ。自治区の西部を占める。平均海抜4500m。政治経済上の中心都市は、獅泉河。古くは、シャンシュン王国、グゲ王国があり、西部チベットの中心であった。 南はインドのヒマーチャル・プラデーシュ州、シガツェ地区、東はナチュ地区、北は新疆ウイグル自治区、西はインド、パキスタン間で係争中のカシミール地方と接する。漢民族が多い近代的な都会で、街には新彊の雑貨、料理店も多い。人口が8万で、世界の人口密度が一番小さい地区である。扎達から255キロ、拉薩から1588キロ、西のカシュガルまで1360キロの距離にある。ヒマラヤ山脈、ガンディセ山脈、カラコラム山脈に囲まれた地域で、荒涼とした極地の雰囲気があり、最後の秘境の一つとも言われる。ラサから阿里地区へ行くには3つのルートがあり、最短でも1600キロの移動となる。

薩迦(サキャ)
日喀則から南西に150キロ、トゥム河沿いに開けた海抜4100メートルのチベットの町。この町の民家は高い壁に囲まれ、壁の色は、サキャの意匠で塗られており、全体は青黒く、角に赤と白の帯を付ける。それぞれ、青黒色は金剛手菩薩を、赤は文殊菩薩を、白は観音菩薩を象徴している。

拉孜(ラツェ)
拉孜(ラツェ)日喀則の西160キロ、ヤルツァンポ川の渓谷にできた海抜4012メートルの小さな町である。ラツェとは、チベット語で、光り輝く峰の頂上という意味を持つ。町の西で道は二つに分かれ、南へ行くと聶拉木(ニュラム)、樟木(ダム)を経てカトマンズへ、西へ行くと、道はヤルツァンポ川を越えカイラスへ続いている。

普蘭(ブラン)
普蘭(ブラン)中国とネパールの国境の町で、海抜3800メートルに位置する。町のなかをカルナリ川が流れる。インド、ネパールのヒンズー教徒がカイラス山やマナサロワール湖に巡礼に訪れる際の基点となる町である。国境にあるため、交易も盛んで、タンカ市場と呼ばれるマーケットは、チベット、インド、ネパールの品々が並べられている。

扎達(ツァンダ)
扎達(ツァンダ)扎達県はチベットの西部にあり、象泉河流域に位置する。扎達はチベット語で「下流の草が生えるところ」という意味である。県内の古格王朝遺跡は全国重要文化財である。象泉河両岸に林立する土の山は延々と続き、独特な景観となっています。土の山には400ヵ所の昔のチベット人が残される洞窟が発券されました。扎達県はチベット民間歌舞発祥地の一つである。そのうち、「古格旋」は1000年余の歴史がある。

 

 


 

 


=======================================================================================
阿里旅行ガイド
阿里観光地図
阿里名物
阿里交通情報
阿里ホテル予約
阿里現地発ツアー
阿里観光スポット
グゲ王国遺跡|カイラス山|マナサロワール湖|托林寺|扎達土林
========================================================================================