ホーム   ラサ発チベットツアー    成都発チベットツアー    西寧発チベットツアー   蘭州発チベットツアー    九寨溝四川省ツアー  
ミニヤコンカ山観光案内
   

貢嗄山(ミニヤコンカ)は四川省康定と瀘定と石棉の3県の県境に位置し、面積40万ヘクタール。チベット語ではミニヤ国の白い山という意味から名付けられた。ミニヤコンカは四川省の大雪山脈の最高峰。由来は、ミニヤ国の白い山という意味。貢?山(日本では代用漢字で貢嗄山と表記することが多い、コンガ山、またはコンカ山)。一年中氷雪に鎖らされている。一番高い峰の海抜は7556mで、四川省では最高の山。「蜀山の王」と称される。ミニやコンガは中国の専門雑誌「中国国家地理」おいて「中国で最も美しい場所」、第二位を受賞した。

貢嗄山(ミニヤコンカ)は四時雪を戴きその主峰は標高7556m、ヒマラヤ山脈の東端では最高峰である。周りには荒々しい陵角を天に突き上げた無数の山塊群が連なっているが、標高6000mを 越える山はなく、その高さは群を抜いている。ミニヤコンカ(貢嗄山)山の地域は氷川が71カ所もある。海螺溝はミニヤコンカ(貢嗄山)山に一番大きい氷川で、総長は30.7キロで、原始林まで6キロ延びていて、うっそうたる原始林を通って龍のように飛んでいる。それで、緑の氷川と称えられた。海螺溝の入っていくのはとても容易。毎年の3月から10月まで氷川を観賞するいいシーズンである。1982年日本山岳協会の松田隊員がミニヤコンガ山頂上アタックを試みたが7500M付近で遭難、18日後、2850M付近に半死状態で村人に救助され、奇跡の生還を遂げたことも海螺溝の有名な話である。貢嗄山は3つの長い氷河をもっている。最大のものは眼の前に横たわる海螺溝氷河で、その幅は500m~1100m、長さは15kmに及び、中国で最も長い氷河と言われている。

貢嗄山は、チベット高原の東端にある重なり合う山々の中心にある、大きな雪の山にある大渡河と雅ロウ江の間に位置している。チベット語で、「クン」は氷と雪、「ガ」は白いという意味であり、「白色の氷山」や「最高の雪山」との意味がある。東西約30km、南北約60kmに広がり、最高峰は海抜7,556m、四川省の康定、泸定、石綿、九竜四县の間にあります。この地帯は、温帯高原気候に属し、気候の変化ははっきりとしている。雨季は毎年6月~10月、11月〜翌年5月までは乾季になる。最高気温は4~5月であり、登山に適しているのは、一般的に乾季から雨季に変わる時期とされている。

貢嗄山景区内には、10余りの湖がありますが、なかでも有名なのは木格错、五须海、人中海、巴旺海などです。湖水は澄みきり、美しい原始の自然をそのまま保っています。観光区内には、数10か所の温泉があって、水温40~80℃に介在して、ある温泉は90℃以上達します。有名なのは康定二道桥温泉と海螺沟温泉プールです。クンガ山地区は少数民族地区で、クンガ寺、塔公寺などおチベット仏教の寺院があります。ここでは、観光客がイ族やチベット族などの多彩な民族の風情を味わえることもできます。

また、原始林、現代氷河、金糸猿、レサパンダなどの野生動物と数多い高山植物よく保存されているから、1997年中国国家自然保護区に指定されました。現在のミニヤコンカ海螺溝氷河辺りは観光地に開発され、氷河、雪山、温泉と高山植物が数多い観光客を引き寄せています。ここ数年、ミニヤゴンが山も開発された。有名な展望は、海螺溝、子梅村峠ー ミニヤコンガ主峰、黒石城展望台、牛背山展望台などもある。