ホーム   ラサ発チベットツアー    成都発チベットツアー    西寧発チベットツアー   蘭州発チベットツアー    九寨溝四川省ツアー  
シガツェ旅行観光ガイド
   

中国西南地方,チベット (西蔵) 自治区南部の市。シガツェ地区の行政中心地。ヤルン川とニャン (尼洋) 川の合流点,標高 3870mの谷にある。 1447年建立のタシルンポ寺があり,ラサ (拉薩) に次ぐチベット第2の政治,宗教の中心地であった。解放後も商工業の中心地として自治区第2の発展をとげており,付近にトンガ (東が) 炭鉱や水力発電所が開発され,機械,食品,皮革,印刷,自動車修理などの小工場が建設された。またチベット絨毯,馬具,チベット靴などの伝統的手工業も盛んである。シンツァン (新蔵) 道路が通り,ヒマラヤ山中のシッキム,ネパールへの道路が分岐する交通の要衝でもある。自治区の中央部に位置し、中央チベット西部のツァン地方にほぼ相当する。政府所在地は地級市内唯一の市轄区のサムドゥプツェ区。ラサの西約280kmに位置するシガツェは標高3900m。チベットの第二の町だ。ヤルツァンポ川とその支流ニャンチュ河の合流点付近に開けた町で、ツァン地区(チベット西南部)における農牧産品の集積地として重要な地位にある。シガツェの町は、北側の旧市街と南側の新市街に分かれている。新市街は、バスターミナルやホテルなどが並び、ビジネスマンも多く見られるエリア。それと対照的に、旧市街はチベット族居住エリアとなっていて、チベットの伝統的な雰囲気を濃厚に創り出している.

海抜3850m。チベット自治区南部、ネパール、ブータン、インド国境沿いに位置する。北西はガリ地区、北はナクチュ市、北東から東はラサ市に接する。地区中央を東から西にヤルンツァンポ河が流れる。南にはヒマラヤ山脈が聳え、世界最高峰チョモランマ(エベレスト)がある。サムドゥプツェ区とギャンツェ県は国家歴史文化名城に指定されている。

チベット第2の都市。チベット仏教第二の指導者パンチェン・ラマが代々住まい。ゲルク派でダライ・ラマに次ぐ第二の高僧であるパンチェン・ラマが座主を務める「タシルンポ寺」は、街の南の山に沿って建つ。ゲルク派の四大僧院の一つであり、壮大な弥勒仏殿には像高26mの金色の弥勒座像が安置されている。また、11世紀に建設された「シャル寺」も必見。ラマ教ゲルク派の起源の地で美しい壁画が数多く残る。

ラサ~シガツェ鉄道は、中華人民共和国チベット自治区の首都ラサと第二の都市シガツェを結ぶ鉄道である。2014年8月16日に運行を開始した。青蔵鉄道のラサ駅を起点にラサ川沿いを南進、ヤルンツァンポ川沿いに西進し、ヤルツァンポ大峡谷を跨ぎ、シガツェ駅(中国語版)に至る。総延長251km、14駅が設置され、最高速度は120km/hである。ラサからシガツェまでは片道45元、1日1便運行されている。2020年までに、鉄道はシガツェからネパールの国境に近いニャラム県まで西に延伸する計画がある。

ジガツエ空港は、和平空港という。ジガツエから、成都へ、上海、北京などの直行便もある。

 

 


 

 


=======================================================================================
ジガツエ旅行ガイド
ジガツエ観光地図
ジガツエ名物
ジガツエ交通情報
ジガツエホテル予約
ジガツエ現地発ツアー
ジガツエ観光スポット
ポタラ宮 |タシルンポ寺 | シャール寺| 德慶格桑頻章|
========================================================================================