ホーム   ラサ発チベットツアー    成都発チベットツアー    西寧発チベットツアー   蘭州発チベットツアー    九寨溝四川省ツアー  
チベット自治区旅行観光ガイド
   

チベット自治区は中国南東部に位置し、総面積122万平方メートルを有しており、230万人の人々が生活しています。人口の95%はチベット族が占めています。またここには30の異なる少数民族(漢族、門巴(メンパ)族、珞巴(ロッパ)族、回族、蒙古族、纳西(ナシ)族など)もいます。チベットの天気は標高差や朝晩によって大きく変化します。北部は乾燥し寒いです。全体的にみてもチベットは気温が低く、日は長く、強い太陽の日差しと雨が少ないこと、空気が薄いことなどが特徴です。

チベットは青海チベット高原やチベット高原で囲まれており標高は平均4500mを越えています。そこは「世界の屋根」や「世界3番目のポール」としても知られています。世界で最も高い尾根であるヒマラヤ山脈はチベットとネパールの国境にまたがり、その中には標高8848m級の世界一高いエベレスト峰があります。カラコルムに加え、ヒマラヤ山脈には世界レベルの高さをもつ100の山々があります。地球上に存在する7000m以上のものはすべてこの地にあるといっても過言ではありません。

チベット自治区の区都はラサでチベットの政治、宗教、経済、文化の中心です。ラサとはチベット語で「神の居る場所」という意味を表しています。ラサには1300年の歴史があり「ラサ」と言われる以前は「ヤギの地」でした。

チベット族の文化は世界の他の地域から独立しチベットの中で発展してきました。人類活動は旧石器時代にさかのぼります。チベットの王、松赞干布は7世紀にチベットを統一しチベット人の王朝をつくりました。そして7世紀と8世紀に2度、唐王朝との婚姻関係を結びました。13世紀にはチベットは雲南王朝の行政区になりました。チベット人による政府は15世紀にダライラマの支配下でつくられ、チベットに公使を置くことを清王朝が承認しました。1911年の革命で清王朝は失墜、ダライラマはチベットの独立を宣言しました。そしてその状態は革命や戦争の間も続きました。中華人民共和国の権力によって1950年を境にチベットは中国の管轄下になりました。

ニンテイは、チベットの江南と言われ、チベットの田園地帯です。そこには羊やヤギ、約などが放牧されています。農作物では主にハダカ麦、小麦、豆、菜種、リンゴやウオールナッツが収穫されます。森林は6万平方キロメートルあり国内第2の材木の保有地です。ここではジャコウ、鹿の角、熊の胆のう、冬虫夏草、ユリの根、雪中蓮などの有名で希少な動物や薬草も見つけることができます。チベット自治区の水力発電や地熱発電でつくられた電力は国内最大で、太陽光発電では国内2番目です。

中国チベット自治区のラサは、標高3000mを超えるチベット仏教の聖地。秘境というイメージがぴったりのチベット。標高の高い山の中にあり、連綿と続く宗教的な文化の強い都市です。そのためお土産もとても個性豊かで、チベットでしか手に入らないものがたくさんあります。特に文化の中心である大都市ラサには、チベット中から多くのものが集まってきています。7世紀に作られた古都で、ダライ・ラマ政権時代にはチベットの政治経済の中心地でした。この街で観光のメインとなるのが、歴代のダライ・ラマの居住地であるポタラ宮です。ここは、世界遺産「ラサのポタラ宮歴史地区」として登録されており、その宗教的な重要性と圧倒的な存在感から、人々を魅了し続けています。チベット文化に触れられる人気の街です!

チベット旅行許可書

外国人がチベットへ行くには全部で4つの書類が必要です。
1.中国ビザ:自国の中国大使館で申請できます。
2.チベット許可書:チベットへ入るために必要です。
3.旅行許可:チベット付近の地域へ行く予定があれはチベットへ入ってから申請できます。
4.軍用許可書:軍事許可地域に行く際には必要です。

チベット観光地図