ホーム   ラサ発チベットツアー    成都発チベットツアー    西寧発チベットツアー   蘭州発チベットツアー    九寨溝四川省ツアー  
林芝ニンテイ旅行観光ガイド
   

林芝ニンテイ
林芝はチベット東南部のヤルツアンポ川下流にひっそりと隠れている。平均海抜は3000メートル前後で、区都の八一鎮は尼洋河畔に置し、この地区の政治、経済の中心地となっている。林芝は、チベットの江南といわれ、世界で最も深い峡谷―ヤルツアンポ川大峡谷で世界にしられている。林芝に足を踏み入れた人は世界でわずかで、今まで旅行、考察、探検の聖地となっており、同時にこのことが交通を不便にしているともいえる。林芝は、少数民族のメンバ族、ロッバ族などの居住地ともなっており、古来の伝統文化とチベット仏教とボン教が盛んに信仰されている。ナムチャバルワ峰や聖湖パソンツォ、ヤルザンブ川大峡谷への観光の拠点ともなる町。また、南迦巴瓦峰、ヤルツアンポ大峡谷、巴松錯、察隅、波密などの自然景観も魅力である。ニンティ(林芝)の南にあるボンリはボン教の聖地で、カイラスと並んで最も需要な巡礼地です、その周辺には樹齢2500年以上を持つ、高さ50メートルを越える巨大な古柏樹、少数民族中の少数民族モンパ、ロッパ、テンパが住んでいる村とナムチャバルワ峰(7782メートル)などがあります。チべットのスイスといわれるように美しい雪山が望める風光明媚なところ。

林芝地区
西蔵自治区の東南部に位置する。西はラサ市、西南はロカ地区、南はインド、東から東北にかけてチャムド地区、北はナチュ地区と接
する。本地区のメトク?ゾン(墨脱県)、ザユル・ゾン(察隅県)、ロカ地区のツォナ・ゾン(錯那県)、ルンツェゾン(隆子県)の南部はインドとの国境紛争地域となっており、インド政府は、名目上これらの諸ゾンの南部とされる領域で、インドが実効支配するマクマホン・ライン以南の部分に対し、アルナーチャル・プラデーシュ州を設けている。

波密ポメ県
米堆氷河は西蔵(チベット)自治区波密県玉普郷に位置し、主峰は海抜6800メートル、雪線の海抜は4600メートル、長さ約20キロメートル。現地では氷河をメインにした観光発展に力を入れており、07年から一般開放されている。波密は「チベットのスイス」と言われ、波密県政府所在地扎木鎮は山に囲まれて、町から回りを眺めてみると、四面とも雪山があり、とてもきれい美しいである。この辺は、未知の山々が多く、易貢錯周辺の山塊、墨脱県に向かって行く途中の瓦龍天池、玉仁の則普氷河、そして、玉普周辺でコネカンリ山群など、日本もそうだが、中国にも知られていない。

林芝空港
チベット高原の東南部に位置し、1年中雲霧に覆われた海抜4000メートル以上の高い山や険しい峰に囲まれているため、運航に適した日は年間100日前後しかない。

 

 


 

 


=======================================================================================
林芝旅行ガイド
林芝観光地図
林芝名物
林芝交通情報
林芝ホテル予約
林芝現地発ツアー
林芝観光スポット
巴松錯湖|ナムチャバルワ峰|ヤルザンポ大峡谷|崗郷風景区
========================================================================================