ホーム   ラサ発チベットツアー    成都発チベットツアー    西寧発チベットツアー   蘭州発チベットツアー    九寨溝四川省ツアー  
シャングリラ旅行観光ガイド
   

香格里拉(シャングリラ)といえば、もともとは「中甸」という地名でしたが、ジェームズ?ヒルトンの小説『失われた地平線』の中で描かれているユートピアの「シャングリラ」のモデルがこの地であると主張し、政府の認可を得て「香格里拉」と改名したことで知られています。まさにその名の通り、海抜3300mの街・シャングリラは、その豊かな自然と、街へ出ればチベット寺院や、色鮮やかな民族衣装を着た人々が見られ、旅人にとってはまちがいなくユートピアで、大変魅力的な旅行先です。シャングリラは総人口12万、町海抜3276mです。境内の主な見所は湿原のナパハイ、属都湖、碧塔海、白水台、白ボウ雪山、梅里雪山、明永氷河、三江平流、小中甸などです。

チベット語でギャルタンと称され、チベット文化圏の南東端にあたり、北は徳欽(ジョル)、南は麗江を連絡する滇蔵公路における要衝となっています。ソンツェリン寺や虎跳峡が有名。また獰猛な性格で知られるチベット犬の産地です。標高3276m。北西部はチベット自治区に接し、迪慶蔵族自治州には約33万人のチベット族が居住しています。長江の上流にあたる金沙江、メコン川の上流にあたる瀾滄江が流れ、世界遺産?三江併流地域の一部となっています。 梅里雪山の主峰カワグボ(6,740m)。雲南省の北西端にあるデチェンチベット族自治州の中心地。チベットではカム地方南部に当る。チベット 語でギャルタンと称され、チベット文化圏の南東端にあたり、北は徳欽(ジョル)、南は麗江を連絡する滇蔵公路における要衝となっています。

[シャングリラ] 巴拉格宗香格里拉大峡谷で大自然を満喫します。シングリラの北75km位のところにある全長154km、標高差3,000mという途方もない大きさの大渓谷「 巴拉格宗香格里拉大峡谷」への行き方と遊歩道の様子。シャングリラ一帯は、アジアの4大河(黄河、長江、メコン川、サルウィン川)の上流域であり(「三江併流」として世界遺産に登録されています)、さらに雲南北部-四川西部-チベット東部に至る「大シャングリラ」地域からは、8つもの大河が源を発し、アジアのほぼ全域を覆い尽くしています。まさに「アジアの母」ともいうべき場所なのです。

 

 


 

 


=======================================================================================
シャングリラ旅行ガイド
シャングリラ観光地図
シャングリラ名物
シャングリラ交通情報
シャングリラホテル予約
シャングリラ現地発ツアー
シャングリラ観光スポット
属都湖 | 松賛林寺 | ナパ海 | 梅里雪山
========================================================================================